妊娠したらカフェインはダメなの?赤ちゃんへの影響は?

妊娠してからは、今まで気にしなかった事が気になったり、口にするものも気をつけたりしますよね。私も妊娠前までは毎日コーヒーを飲んでいましたが、妊娠がわかってからは気にするようになりました。

妊娠中にカフェインはよくないと聞いていたので、普段はノンカフェインを飲んでいました。しかし、コーヒーが飲みたい!っていう気分の時は、友人から勧められたデカフェを飲んでいました。最近ではデカフェの商品がたくさんあって楽しめますね。

ところで、どうして妊娠中カフェインを一切とってはいけないのでしょうか。カフェインをとると、お腹の赤ちゃんへどのように影響するのでしょうか。

カフェインとは

カフェインはコーヒー豆、茶葉、カカオ豆などに天然に含まれいる食品成分の一つです。
コーヒーや茶葉から抽出されたカフェイン(抽出物)については、清涼飲料水(コーラ等)に苦味料等の用途で食品添加物として使用されています。
カフェインを多く含む主な食品は以下のとおり。

カフェインの効果は?
カフェインは適度な量を摂れば眠気を覚ましたり、がんを抑えるなど死亡リスクが減少する効果があるという科学的データも知られています。

過剰摂取するとどうなるの?
過剰摂取により中枢神経系が過剰にされるとめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症を起こします。消化器官を刺激されると下痢、吐き気、嘔吐することもあります。

お腹の赤ちゃんへの影響は?
WHOによると、カフェインの胎児への影響についてはまだ確定してないが、妊娠中は母親の血液からカフェインがなくなるのが著しく遅くなるため、過剰摂取すると赤ちゃんの成長が遅れてしまう、低体重、早産または死産と関連する可能性が示唆されています。

どのくらいまで飲んでいいの?
カフェインの摂取量に関して、国際機関等から以下のアドバイスがされています。

世界保健機関(WHO)
コーヒーを一日3~4カップまでにすることを呼びかけています
欧州食品安全機関(EFSA)
習慣的なカフェイン摂取に関し、1日当たり200mgまであれば、お腹の赤ちゃんの健康リスク
は増加しないと評価しています。
カナダ保健省
一日に300mg未満。コーヒーでは、マグカップ(237ml)で約2杯強

少量だけならいいとされていますが、不安な方はノンカフェイン等を選ぶと安心ですね。

(参考資料)
農林水産省 カフェインの過剰摂取について
厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~
食品安全委員会 食品中のカフェイン(PDF)

ノンカフェインとカフェインレスの違いは

最近ではデカフェの飲み物が多くなっていて、カフェでも飲めますよね。ノンカフェインとデカフェ、一見言い方が違うだけで同じ意味のように感じる二つですがその違いはなんでしょうか。

ノンカフェイン
元々カフェインが含まれていないもの。麦茶やルイボスティー、タンポポ茶タンポポコーヒー等がこれにあたります。

デカフェ
本来カフェインを含んでいるものからカフェインを取り除いたもの。ヨーロッパではカフェイン含量がコーヒー豆中0.2%以下、インスタントコーヒーでは0.3%以下であるものだけがデカフェと呼ぶことができます。日本ではまだまだ需要が少ないため、カフェイン含量の定義は設けられていません。

カフェインが完全に含まれていないものはノンカフェインだけなのですね。

おすすめノンカフェイン

カフェインを心配することなく飲めて体にも優しいのは嬉しいですね。

ルイボスティー(2.5g×100個入)/ティーライフ

価格:1000円(税込)~

カリウムやマグネシウムなど様々なミネラルを含むルイボス。その葉は硬い皮で覆われているので、お茶で飲むためには長時間煮出さなければいけないのですが、ティーライフのルイボスティーは蒸気殺菌処理をしているので煮出す必要がなく成分がでやすくなっています。そのため、淹れた時の色が濃い!日本で製造加工をしており、水銀や残留農薬の検査を行っているので安心して飲めますね。

たんぽぽ茶ブレンド(ポット用4gティーバッグ×30個入)/ティーライフ

価格
楽天:2,062円(税込)
公式:2,470円(税込)ステンレスマグボトル(300ml)付き

食物繊維がたっぷりの黒豆とカルシウム・鉄分が豊富な発酵ギンネム、そして鉄分・ビタミンB2などを多く含むたんぽぽ根と、嬉しい成分がたっぷり入ったたんぽぽ茶ブレンド。中国の吉林省で農薬を使わず育った希少なモウコタンポポ根を100%使っています。
30日間返品返金保証がついていて、返送料もティーライフが負担してくれるので、気軽に試せますね。

たんぽぽコーヒー ぽぽたん(カップ用30個入)/ティーライフ

価格:1,454円(税込)

たんぽぽ根を香ばしく焙煎してコーヒー風味に仕上げたものなので、ノンカフェインです。ビタミンB2、鉄分、ミネラルなどを含んでいます。こちらも30日間返品返金保証がついているので、まずは試してみるのもいいですね。

YUJARON(ユジャロン)1050g

価格:2,030円(税込)

カフェなどでもよく見かける、韓国産のゆず茶で香りが良く、果肉がたっぷり!そして、ビタミンCとクエン酸も豊富に含まれています。私は妊娠中から現在も愛飲中です。アイスやホットはもちろん、ジャムとして塗っても美味しいし、ヨーグルトに混ぜたり、料理にも使えます。増粘剤・着色料・香料を一切使っていないので安心して飲めます。ちょっと量が多いと感じる方には300g580gもあります。
しかし、血糖値が高い方や体重指導を受けている方は飲みすぎに気をつけてください。

おすすめデカフェ

カフェインレス コロンビア(ドリップバッグ100袋入)/澤井珈琲

価格:3,402円(税込)

薬品を一切使用しない無臭無害の製法「スイス・ウォーター®プロセス」でカフェインのみを99%以上カット。ドリップバッグなので簡単に美味しいコーヒーが淹れられますね。

カフェインレス紅茶 ダージリン 70g

価格:898円(税込)

超臨界二酸化炭素抽出法により取り除かれ、カフェイン残留率0.2%未満のダージリンティーです。

ブレンディスティック カフェオレ やすらぎカフェインレス(10g×21本入)

価格:624円(税込)

水抽出製法でカフェイン97%カット。豆は、甘くフルーティーな香りとやわらかな口当たりが特徴のコロンビア産・最上級グレードのスプレモを100%使用しています。スティックなので、お湯を注ぐだけで美味しいカフェオレを楽しめますね。

まとめ

妊娠中のカフェイン摂取は、できるだけデカフェを選ぶとよさそうですね。また、妊娠中は体重管理も大切なので甘い飲み物は飲みすぎないよう気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です