【妊娠中期】あると快適に過ごせる4つのおすすめアイテム

妊娠中期になってくると腹が目立ち、つわりが軽くなってくる頃でしょうか。つわりが楽になると、食欲が増しますよね。炊きたてのごはんのにおいに吐き気が・・・なんて苦しい時期から少し解放されると、次はご飯が美味しいくてついつい食べ過ぎてしまうかも。この時期からは体重管理をしっかりしていきたいですね。

また、バストもサイズアップしてくるので乳腺を締め付けすぎないよう、そろそろマタニティー用に切り替えていきましょう。

では、この時期からのおすすめアイテムをご紹介していきます。

1.妊婦帯(腹帯)

安産祈願(妊娠5ヶ月の戌の日)に用意した方も多い妊婦帯。お腹が大きくなってくると、腰に負担がかかり腰痛の原因となります。そこで、妊婦帯でお腹を支えてあげると腰の負担が和らぎますよ。また、お腹が冷えるのを防いでくれます。

タイプも色々あるので、その日の過ごし方や好みで選ぶといいですね。

1.帯祝いに「さらしタイプ
2.おうちでゆっくり「腹巻タイプ
3.ズレにくい「パンツタイプ
4.しっかり支える「サポートベルトタイプ
5.長く使える「骨盤ベルトタイプ

こちらの記事も合わせてどうぞ 妊娠中のお腹を支えるタイプ別おすすめ妊婦帯

2.マタニティ下着

お腹やバストが大きくなってくると、今までの下着では締め付けが気になってきます。乳腺の発達を妨げないよう、そろそろゆったりとした下着に切り替えていきたいですね。ブラやキャミソールなどは授乳期にも使えるものを選ぶと長く使えますよ。

マタニティブラ

これからどんどん大きくなっていくバスト。ブラをするのがきつくなってきますが、乳腺を圧迫しないため・バストの形を崩さないためにも、マタニティブラに切り替えることをおすすめします。

マタニティブラは普通のブラと違って、妊娠中の大きさが変化していくバストにしっかりと対応できるように作られています。ノンワイヤーやワイヤーブラ、ホックがないブラトップ、授乳口のタイプは4種類あります。

・しっかり支える「ワイヤー入り
・つけ心地が楽な「ノンワイヤー
・就寝時におすすめ「ブラトップ

マタニティショーツ

マタニティショーツは、一般的なショーツより股上が深くなっていて、お腹をすっぽりと包み込んでくれます。伸縮性があるので大きくなるお腹を締め付けず食い込みにくくつくられています。股上が深いものは苦手という方は、股上が少し浅めにつくられている「ローライズタイプ」がおすすめです。

こちらの記事も合わせてどうぞ マタニティ下着を快適につけるには?4つのタイプを知って賢く選ぶ

3.マタニティウェア

お腹が大きくなって今まで履いていたパンツなどがきつくなってきたら、そろそろマタニティ用に切り替えていく時期ですね。大きめのサイズを購入するのもいいですが、授乳対応のものを購入していくと産後も便利で長く着れますよ。

妊娠中でもおしゃれを楽しみたい!を叶えてくれる、可愛いマタニティウェアが揃っているサイトを紹介します。

Milk tea

お手頃価格で可愛いが叶う。普段着からフォーマルまで授乳服とは思えないマタニティウェアが揃ってます。
入会費無料のメンバーズクラブに入るとお得な特典があるので購入前の登録がおすすめ。

「Milk tea」公式サイト 「Milk tea」楽天公式サイト

Milk teaメンバーズクラブの詳細はこちら


ANGELIEBE-エンジェリーベ-

オリジナル商品で特許取得の「Pパンツ」は伸縮性が抜群なので、妊娠初期から臨月、産後までずっと着用できる優れもの。また、大阪と東京に直営店があるので近い方は実際に手にとって試着できるのは嬉しいですね。

「ANGELIEBE」公式サイト 「ANGELIEBE」楽天公式サイト

エンジェリーベ直営店についてはこちら


Sweet Mommy

オリジナルデザインのマタニティウェアは、「らしくない」おしゃれな服がたくさん。デザインだけじゃなく品質にもこだわり、自社工場および協力工場での生産・販売までを一貫して行っています。会員の新規登録をするとポイントがもらえ、レビューをかくとまたまたポイントがもらえる等々お得がいっぱいなので、購入前の登録がおすすめ。

「Sweet Mommy」公式サイト 「Sweet Mommy」楽天公式サイト

Sweet Mommy会員特典の詳細はこちら

4.抱き枕

お腹が大きくなってくると仰向けで寝ることが辛くなってくるため、自然と横向きになってきます。その時抱き枕を使って、足を抱き枕に乗せる姿勢をとると負担が軽くなりラクに眠れますよ。

また、抱き枕は妊娠時だけでなく、出産してからの授乳クッションやお座りのサポートとして使えるものもあります。

妊娠時の敏感な肌にも優しい素材や、丸洗いやカバーが洗えるものを選ぶと衛生的ですね。

最後に

妊娠中期に揃えておくといいものをご紹介しましたがいかがでしたか?乳腺や子宮を圧迫しないためにも、早めにマタニティ用のものに替えることをおすすめします。また、お腹や腰を冷やさないよう気をつけてお過ごしください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です